車線を皆がきちんと走れたら2016年12月1日2016年12月1日St. Paul Community Hall

トヨタの車も色んな種類や技術がありますが、
私が特に気になるのは
レーンキーピングアシストというものです。
というのも、私のおじが車を運転していたら、
ふらっと対向車が反対車線なのにつっこんできたという話を通じていたからだ。
おじはその後救急車で運ばれ病院に行ったそうですが、たまたま無事であしたも仕事に行ったそうです。
反対車線から突っ込まれたという話は確かに随時聞きますが
自分が気を付けていてもそうなると実際厳しいだ。
CDをとりかえようとして車線をはみ出した人や
よそ見運転やうたた寝など
気を抜いてそうなることは多いのだそうです。
疲れで頭がぼーっとしたりしていらっしゃる人が運転していることもありますし
いつ自分もそういう事故を起こすか、起こされるかはわからないものだとも思いました。
レーンキーピングアシストは
車線に沿った運転をすることを支援してくれるはだそうです。
白線などをカメラがとらえて、その車の走行状態に応じて制御するという心強い存在だ。
車が線をはみ出しみたいといった判断した時折、
低い操舵力を連続で加えて
中央を歩き回り易くできるのだと言うからなんて著しいという驚きました。
自分もそんな車にのぼりたいですが、
全ての人がそういった車に乗ったら
事故も減って安全になるだろうなと思いました。コンパクトカー